小西玲太朗 R.K Film College

引用元:https://line.rk-film-college.com/fb_hjad/

 

コージコージ

こんにちは、堅実ブロガーのコージ@koji3991です。

 

今回は「R.K Film College(小西玲太朗)の評判を調査!2つの不安要素あり」というテーマで記事を書いていこうと思います!

 

新型コロナウイルスが猛威を振るう今、手に職を付けて「個人で稼いでいきたい」という方が増えていますよね。

 

なかでも、5Gリリースにより動画時代へと突入していく今後を見据え、動画編集のスキルを学ぶスクールや教材の需要が高まっています。

 

当ブログの読者さまも興味があるようで、「R.K Fim College(以下、RKフィルムカレッジと記載します。)という動画編集スクールについてのお問い合わせを頂くことがよくあるんです。

 

▶小西玲太朗「R.K Film College」

販売業者 株式会社FILMAN
運営責任者 小西玲太朗
所在地 〒106-0047 東京都港区南麻布4-14-2 LAZ minami-azabu bldg 4F
電話番号 03-6821-0228
メール rk.filmcollage@filman.jp

引用元:https://rk-film-college.com/info/law-filman/

 

そこで、入会を検討されている方のために同スクールを徹底調査しました!

 

結論から言うと、RKフィルムカレッジで稼げる動画クリエイターになれるかどうか疑う余地があると感じました(- -;)

 

なぜそう感じるのかを、スクールの内容や評判を明らかにしながら、2つの不安要素を絡めて解説していきますので、下記に該当する方は最後まで読み進めていただければと思います!

 

当記事はこんな方にオススメです!
  • RKフィルムカレッジに興味がある方
  • 動画クリエイターに興味がある方
  • 今の収入だけでは不安な方
  • 本業以外の収入を得たいと思っている方

 

それでは、さっそくいってみましょう!

 

小西玲太朗氏ってどんな人?

小西玲太朗 R.K Film College引用元:https://youtu.be/iQK5U4aL8CE

 

そもそも、RKフィルムカレッジを運営している小西氏がどんな人物なのか気になると思うので、プロフィールをざっとご紹介していきます。

 

特設ページをみると・・・

 

  • グラフィックデザイナー
  • サウンドクリエイター
  • ウェブディレクター
  • フィルムディレクター
  • アートディレクター
  • クリエイティブディレクター
  • シンガーソングライター

 

などなど、肩書がたくさんありますね。

 

動画に関するお仕事だけでなく、アートや歌手など幅広く活動されているようです。

 

動画クリエイターとしての実績は下記の通りとあります。

 

小西玲太朗 R.K Film College

引用元: https://line.rk-film-college.com/fb_hjad/

 

情報発信メディアは下記の通り。

 

YouTube

Twitter

Instagram

 

もともと日本で活動されていたようですが、現在はタイのプーケットに拠点を移しているとのこと。

 

RKフィルムカレッジのPR動画の中で、プーケットのオフィス(兼自宅)が出てきました。

 

小西玲太朗 R.K Film College

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=udTpCy5o7Is&feature=youtu.be

 

世界をまたにかけるクリエイターと言ったところでしょうか^^

 

PR動画は、特設サイトから小西氏の公式LINEに登録すれば無料で観ることができます。

 

小西玲太朗 R.K Film College

引用元:https://line.rk-film-college.com/fb_hjad/

R.K Film Collegeとは?

小西玲太朗 R.K Film College

引用元:https://line.rk-film-college.com/fb_hjad/

 

そんな小西氏が主宰するのが「RKフィルムカレッジ」です!

 

詳しくみていきましょう。

 

RKフィルムカレッジは、「動画制作に関するスキルを学べるオンラインスクール」です!

 

入会すると会員サイトが設けられていて、PCやスマホからいつでも、どこでも受講可能ですし、コンテンツ(主に動画)は何度でも見返すことができます。 

 

しかも、全くの初心者でも立派なフィルムクリエイターになれるとのこと。

 

と言うのも、プロ講師による密接型の学習スタイルにより、疑問や不安点をオンライン(メール、電話、LINE、ZOOM等)ですべて解消しながら進めていけますし、また論理的な説明でノウハウを教えていただけるので“センス”みたいな不確定要素が不要だからなんですね。

 

これを6ヶ月間のカリキュラムで行っていくようです。

 

美大だと4年、専門学校だと2年かけて学ぶところを、RKフィルムカレッジではぎゅっと濃縮することによって半年でスキルを身に付けることができるんですね。

 

小西玲太朗 R.K Film College

引用元:https://line.rk-film-college.com/fb_hjad/

 

そして卒業後がミソなんですが・・・

 

なんと「R.K agency」という小西氏の動画制作チームと専属契約をし、動画制作の仕事を依頼して頂けるそうなんです!

 

つまりRKフィルムカレッジは、動画制作のスキルを学ぶところから、仕事として動画制作できるまでをサポートする、オールインワンのスクールなんです^^

 

コージコージ

まさに、手に職を付けるためのスクールですね。

 R.K Film Collegeのカリキュラム

もう少し詳しく知りたい方もいらっしゃると思うので、カリキュラムを掘り下げてみていきます。

 

6ヶ月のカリキュラムでは、下記の「守・破・離」という3つのフェーズからなるプログラムに取り組んでいくようです。

 

小西玲太朗 R.K Film College

引用元:https://line.rk-film-college.com/sl-pust/s_page_fhqo.html

「守」

最初の2ヶ月間は「守」プログラムです。

 

このフェーズでは、プロのクリエイターの仕事を徹底的にコピーして動画制作の基礎を学びます。

 

「カメラワーク」「カット割り」「編集」「色使い」「レイアウト」「アングル」といった動画制作に関わる基礎的な知識は一切不要で、プロの作品を一からマネして作り上げることによって、制作する中で構成や編集の仕方、考え方などが自然に学べてしまうというんですね。

 

つまり、プロの作品をマネするプロセスに、動画制作のすべてが詰まっているということです。

 

コージコージ

これは的を射ているな、と思いました。

やはり基礎を身に付けるには、プロを模倣することが近道です!

 

これを週に1回のペースで行っていくようです。

破」

次の2ヶ月間は「破」プログラムです。

 

「守」で得た基礎スキルをベースに、オリジナルを作っていくフェーズになります。

 

最初の2ヶ月間で徹底的にプロをマネをして動画制作のテンプレートが身に付いているので、そこに少しオリジナリティを加えて“自分の作品”を作っていきます。

 

あくまで基礎の“応用”であり、基礎を崩すワケではないので、プロ並みの作品が担保されるんですね。

 

こちらも週1回のペースで取り組みます。

「離」

そして、最後の2ヶ月間が「離」プログラムになります。

 

もう既にオリジナルコンテンツが作れるようになっているので、とことん独自の表現方法を模索していって個人で独立していける力を身に付けていくフェーズになります。

 

 

これがRKフィルムカレッジの「守(=模倣)・破(=応用)・離(=オリジナル)」プログラムです。

この3つのフェーズを経て、一人前のフィルムクリエイターになっていくんですね。

卒業後

6ヶ月間のカリキュラム終了後には「卒業試験」が用意されており、これをクリアすると「R.K agency」と面談が受けられるようになります。

 

これをパスすると晴れて専属契約となり、仕事のサポートを受けられるようになるんですね!

 

ここで、疑問に思われる方もいると思います。

 

「もし卒業できなかったら・・・(- -;)」

 

不安ですよね。

 

ただ、救済措置があるそうなので安心してください。

 

卒業できなくても、次回の卒業試験を受けることができます^^

 

つまり、受かるまで何度でも卒業試験を受けることができるというワケです。

 

コージコージ

せっかくスキルを身に付けたのに、それを活かせなくては意味がないですもんね。

 

卒業後を心配せず、安心してスキル習得に集中できます^^

 R.K Film Collegeの評判

では、RKフィルムカレッジの評判をみていきましょう。

 

なかなか口コミが見当たらなかったのですが、下記ツイートを発見しました!

 

 

 

 

「かぜまかせ」さんは“動画スキルを学べている”とおっしゃっており、「すぎちゃん」さんは“今後のコンテンツ時代のためにRKフィルムカレッジに入る”とおっしゃっていますね。

 

少なくとも受講生は存在していて、それなりに動画編集スキルは学べるのだろう、という程度はここから分かります。

 

ただ、口コミを見た限りでは、入学後の成果や卒業後のキャリアについては把握できませんでした。

 

・・・スミマセンm(__)m

 

コージコージ

ただ、これだけ質の高いコンテンツと卒業後の手厚いサポートがあるのに、口コミがほとんどないというのも少し不思議ですね・・・(- -;)

R.K Film Collegeの入会費

さて、気になるRKフィルムカレッジの入会費は・・・

 

「600,000円(税別)」となっています!

 

少し強気な値段設定に感じますが・・・w

 

とは言え、値段について私がとやかく言うことでもないので、当ブログの情報を参考の上ご判断くださいませ。

 

支払い方法は「銀行振り込み」か「クレジットカード払い」が可能です。

 

  • 銀行振り込み ・・・ 一括もしくは3回分割払い(月20万円)が可能
  • クレジットカード払い ・・・ 一括もしくは1~24回のうち好きな回数で分割払いが可能

 

分割払いが可能なので、「どうしても入りたいけど、一括だとキツイ・・・(- -;)」という方は検討してみてください。

R.K Film College 2つの不安要素

さて、ここまでRKフィルムカレッジの概要を説明してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

「しっかりしたスクール!」

「手厚いサポートだ!」

 

そう感じた方も多いと思います。

 

ただ私としては冒頭でも申し上げたように、稼げるクリエイターになれるかどうか、まだ懐疑的です。

 

もちろん全く結果が出せないと断言することはできません。

 

ですが、調査するうちに2つの不安要素を発見したので、まだまだ検討の余地があると思ったんです。

 

私が感じた不安要素は下記の通り。

 

「R.K Film College」2つの不安要素
  • 小西氏のクリエイターとしての実力
  • 動画プラットフォームの将来

小西氏のクリエイターとしての実力

まず小西氏のクリエイターとしての実力について疑問が浮かびました。

 

実は小西氏、あの与沢翼さんが経営していた「フリーエージェントスタイル」という会社の副社長だったんです。

 

小西玲太朗 R.K Film College

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=QoAsXiGlpbE

 

上記は、フリーエージェントスタイルが社内感謝祭の映像をYouTubeにアップしたものです。

 

副社長として小西氏の名前がありますよね。

 

小西玲太朗 R.K Film College

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=QoAsXiGlpbE

 

ご本人もしっかり映っていました。

 

フリーエージェントスタイルは、アフィリエイト事業を行っていた会社です。

 

小西氏は、もともとグラフィックデザイナーとして働いていたそうなのですが、与沢さんのアフィリエイト塾に入会したことをキッカケに事業へ参画していったようです。

 

アフィリエイトを学んだ理由は、WEB集客のノウウをデザインの仕事に活かすためとか。

 

与沢塾生だったころの対談動画がありました。

 

引用元: https://youtu.be/Vca3xSYdYgY

 

退社後はアフィリエイトの経験を活かして、下記スクールを運営していました。

 

  • オンリーワンズビルドコンサルティング
  • 俺塾2.0
  • The NewAGE Project

 

この辺の経歴については、RKフィルムカレッジの特設サイトでは紹介されていませんでしたよね。

 

ここで感じたのが、「動画クリエイターとしての仕事をバリバリやっている様子がない・・・」ということです。

 

完全にアフィリエイト中心です。

 

アフィリエイト会社にいたので、当然と言えば当然ですがw

 

ただこういった経歴を一切出さず、いかにも「クリエイターとしてやってきました!」というブランディングにどうしても疑わしい印象を持ってしまうんです・・・(- -;)

 

動画クリエイターとしての実力を確認すべく、特設サイトにあった下記の実績について調べてみました。

 

小西玲太朗 R.K Film College

 

まず「第13回新国際ニコニコ映画祭」で大賞とユーザー章をとった作品を観てみました。

 

▶中学星 5分版【高画質】

 

まったくの素人なので評論できる立場ではないのですがw

 

内容はさておき、動画のクオリティは高いと言えるのかもしれません・・・。

 

10年前ですから、当時は画期的な映像技術だったのでしょうか。

 

皆様もご覧になって判断してみてください。

 

次に「第15回文化庁主催メディア芸術祭」の優秀賞作品を調べてみたのですが・・・

 

小西玲太朗 R.K Film College引用元:http://archive.j-mediaarts.jp/festival/2011/art/

 

むむむ・・・「小西玲太朗」という名前が見当たりません(- -;)

 

偽名を使っているのでしょうか。

 

これでは判断できません。

 

最後の「ニコニコ動画総合ランキング1位」ですが・・・

 

調べてみると、あくまで「デイリーランキング」で1位を獲ったということみたいですね。

 

YouTubeでも、無名の方の動画が1日だけ突発的にバズることがありますよね。

 

ですので、本当に実力があって1位をとったのかどうかは審議すべきかもしれません。

 

コージコージ

これら3つの受賞作品からは、小西氏のクリエイターとしての実力を判断するのは難しいです(- -;)

 

また、書籍も多数出版されているようですが・・・

 

小西玲太朗 R.K Film College

引用元:https://line.rk-film-college.com/fb_hjad/

 

これら全て「Kindle(キンドル)」という無料書籍サービスで出版されたものです。

 

つまり、”誰でも作れてしまう本”なんですよね(- -;)

 

口コミも見当たりませんでした。

 

色々と調査してみたのですが、小西氏のクリエイターとしての実力を裏付けるものを発見することができなかったんです・・・。

 

最近某オンラインサロンの運営者が経歴詐称でネットを騒がせていただけに、小西氏の実績についても慎重に調査する必要がありそうです(- -;)

 

※下記記事をご参照くださいませ。

動画クリエイターとしての実力(制作物)が確認できない以上、安心して小西氏のスクールに投資することはできないですよね。

 

特設サイトの動画やPR動画のクオリティの高さに「これを作っている人なら信頼できる!」と感じた方もいると思いますが、ぶっちゃけ外注すれば誰でも作れると思います。

 

また動画では英語が多用されているのですが、ちょいちょい表記や文法が間違ってるんですよね(- -;)

 

たとえば「Coming soon(近日公開)」を「Comeing soon」と表記していたり・・・

 

小西玲太朗 R.K Film College

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=k6gCv6OkBg8

 

プロのクリエイターであればこの辺のチェックは怠らないと思うのですが・・・(- -;)

 

コージコージ

英訳アプリで出てきた訳をそのまま表記したのでしょうか。

 

私は決して小西氏をこき下ろそうとしているワケではなく、特設サイトにある小西氏の実績や動画に価値を感じて入会した方が、「こんなハズじゃなかった・・・」と後悔してほしくないだけなんです。

 

まだまだ信用に足る情報が現状ありませんよね(- -;)

 

とはいえ、これはあくまで私の意見ですので、みなさま各々でしっかりとリサーチして頂ければと思います!

 

大金を投資するワケですからね。

 

投資先を正しく判別する方法として、下記記事も合わせてチェックいただければと思います。

 

動画プラットフォームの将来性

そして、動画プラットフォームの将来性への懸念があります。

 

特設サイトでは「動画プラットフォームは拡大し続ける」と紹介されていました。

 

小西玲太朗 R.K Film College

引用元: https://line.rk-film-college.com/sl-pust/s_page_fhqo.html

 

たしかにこれらは巨大な動画プラットフォームです!

 

多くの方がこれらのサービスを利用していて、もはや生活の一部と言っても過言じゃありませんよね。

 

広告費も今やテレビではなくネットへと大きく移動していますし、関連する動画市場はより拡大する見込みとなっています。

 

広告費 推移

引用元:MarkeZine

 

そういった視点でみると「将来性がある!」と言えるワケですが・・・

 

あくまで、それは動画プラットフォーム側の利益が増えるという意味であって、クリエイターの利益は増えるかどうか定かではないんです(- -;)

 

というのも、これらのプラットフォームを利用するユーザー数はすでに頭打ちとなっていて、ここから爆発的に増える見込みが無いと言われているからです。

 

コージコージ

え!!そうなの!!?

 

YouTubeに至っては、ユーザー数がなんと6,500万人202012月時点)もいます。 

※参照元:Think with Google

 

日本の人口の約半分です!

 

こうなってくると、プラットフォーム側の利益は拡大しますが、増え続ける動画クリエイターはユーザーの奪い合いをしなくてはならなくなってきます。

 

これまで、上記プラットフォームはユーザーを増やすことが大きな目的だったので、それに伴って投入される動画やクリエイターも増えていたワケです。

 

ですが、ほとんどのユーザーを獲得しきった現段階においては、動画もクリエイターも飽和しており、お互いに競争し合わないといけなくなってきたんです。

 

コージコージ

ですが、これは市場の原理なので仕方のないこと(- -;)

 

つまり、動画編集スキルを急いで身に付けたとしても、今後仕事が確保できるかどうかは保証されていないということなんです・・・(- -;)

 

すでに活躍しているクリエイターの顧客を獲得するのは容易ではありません。

 

「R.K agency」が仕事を斡旋してくれるとは言え、競争に勝てる高度なスキルが必要とされるでしょうし、そもそも英語表記を間違えている会社にどんどん仕事が舞い込んでくるとは思えない・・・というのが私の正直な意見です(- -;)

 

決して動画クリエイターに未来が無いと言っているワケではありません。

 

コージコージ

今後動画市場は活躍しにくくなっていくので、高度なスキルや顧客獲得の営業が必要になってくるのは目に見えているということをお伝えしたいんです。

 

あなたがもし副業として動画クリエイターを目指しているのであれば、それだけの労力を投資するメリットがあるのか今一度考えていただきたいです。

 

もしくは手に職付けて専業クリエイターを目指したいと思っている方は、前述したように今後ユーザーの奪い合いが激化する市場でどう立ち回っていくか検討していただきたいです。

稼げる方法は他にもあります

そもそも、動画クリエイターを目指す目的とは何でしょうか。

 

おそらく”稼ぎたいから”ですよね?

 

私も本業の収入が雀の涙ほどなので、稼ぎたくて稼ぎたくてブログを始めましたw

 

今回取り上げた動画クリエイターしかり、転売やFX、不動産投資など様々な副業を検討する中でブログにたどり着きました。

 

当然稼げるからなのですが、一番大きな理由は「本業に支障をきたすことなく、安定した収入を得ることができるから」です。

 

つまり、現在の生活スタイルを変えずに”無理なく”副収入を得られるんです。

 

コージコージ

すごく保守的ですよね^^

 

というのも、副業に力を入れるあまり本業がおろそかになったり、副業とはいえ安定収入でなかったら、嫁さんにもれなく怒られるからですw

 

とは言え、私の場合ほぼ毎日残業が発生していますし、土日は家族サービスもあるので、副業に充てられる時間といえば寝る前の1~2時間程度です(- -;)

 

それでも、ブログ開始から半年で月10万円、1年で月30万円を得ることができました。

 

そして今でも継続して安定した収入を得ることができています。

 

「でも、ブログも市場が激化しているんじゃないの?」

 

そう思われますよね^^

 

たしかに数えきれないくらいのブロガーがいますし、日々新規参入者が増えているのも事実です。

 

ただ、ブログは多くのライバルを避け「自分が勝てる戦い」ができるんです^^

 

つまり、どれだけライバルがいようとなんなく稼ぐことができちゃいます。

 

私も最初はちんぷんかんぷんでしたが、その仕組みが分かって「ブログなら今でもいける!」と確信し飛び込むことができました。

 

そんなブログのポテンシャルに興味がある方は気軽にご質問ください。

 

動画クリエイターでなくとも、稼げる方法は他にもあります。

 

じっくりと検討されてはいかがでしょうか?^^

まとめ

今回は「R.K Film College(小西玲太朗)の評判を調査!2つの不安要素あり」というテーマで記事を書いてみましたが、いかがだったでしょうか。

 

動画編集スキルを身に付け、実際に活躍できるところまでをサポートしているのがRKフィルムカレッジでした。

 

美大や専門学校より短期かつ実践的なスキルを学べるのは大きなメリットですよね。

 

ただ評判については情報不足でした。

 

受講生が本当に成果を出しているのか、卒業後に仕事を斡旋してもらえるのかなど、詳しい実態については分かりませんでした。

 

また、私としては下記不安要素があることから、RKフィルムカレッジへの入会は身構えてしまいます(- -;)

 

  • 小西氏の実力が不明
  • 動画市場が激戦地となる可能性大

     

    もちろん「それでも動画クリエイターに挑戦したいんだ!」という方は、上記の不安要素を頭に入れた上でご参加くださいませ。

     

    コージコージ

    最後までご覧いただき、ありがとうございました!

    コージのお悩み相談コーナー!

     

    この度は、数あるブログの中から当ブログにお越しいただきありがとうございます^^

     

    当ブログでは、「コージのお悩み相談コーナー」という場を提供させていただいております。

     

    趣旨は、あなたの副業に関する悩みや不安を私コージが解決させて頂くというものです!

     

    こんな悩みや不安を抱えていませんか・・・?
    • 必死に働いても満足する収入が得られない
    • 残業しないと生活費が稼げない
    • 会社で働くことに縛られ、鬱々とした日々を過ごしている
    • 家族とのんびり過ごす時間がない
    • 仕事が忙しく副業に充てる時間がない
    • 本業並みに安定した収入を得たい
    • 副業初心者でも堅実的に稼げるビジネスに取り組みたい
    • 副収入で家計と心に余裕を持ちたい
    • 副収入でしっかりと将来のための資産を作りたい・・・etc

     

    こんな悩み・不安を抱えたまま、仕事や家事・育児に追われ、心にもお金にも余裕が無いまま、日々鬱々と過ごしていませんか?

     

    そんな日常を変える一歩として、忙しい本業を抱えながらも副業で月収30万円を得ることに成功した私に相談してみてはいかがでしょう^^

     

    私は副業として1年間ブログを運営し、今では安定した収入を得られるようになりましたが、当初は皆さんと同じように不安や悩みを抱えていました。

     

    しかし、当時は相談する相手もなく「当たって砕けろ!」精神でブログを始めました。

     

    初心者ということもあって、様々な教材、オンライン塾等に投資しましたが、ことごとく詐欺まがいの粗悪な商品やサービスばかりを買ってしまいました(- -;)

     

    「楽して儲けたい」と考えていたばかりに、誇大広告にまんまと乗せられ騙され続けていたんです・・・。

     

    また、間違ったブログ手法で取り組んでしまい、一切稼ぐことなく、ただただ時間を浪費してしまったという経験もあります・・・(- -;)

     

    あなたも今の現状を打破したいがために、様々な情報をネットで検索されていることと思いますが、ここまで情報に溢れた現代社会において、何が「本物の情報」で何が「偽物の情報」なのかを判断するのは至難の業と言えます!

     

    私のように、直感などという不確かなモノサシで判断しようものなら、必ず痛~い目に合うでしょう(- -;)

     

    逆に言えば、痛い目に合わないと情報の本質は理解できないのかもしれません。

     

    とは言え、なるべくお金も時間も浪費せず最短効率的に稼ぎたい!というのが本音ですよね。

     

    だからこそ、痛い経験をした過去を持つ私のアドバイスを提供させて頂ければと思ったんです!

     

    あなたの思考や生活スタイルに合った副業の取り組み方を具体的にアドバイスさせて頂きますので、不安や悩みを洗いざらい私にぶつけちゃってください。

     

    副業をやろうかどうかとまだ悩んでいるようであれば、まずは一歩踏み出して私に相談してスッキリしちゃいましょう^^

     

    コージコージ

    あなたからのお問い合わせを心よりお待ちしております!

     

    凡人サラリーマンが〇〇〇ブログを始めた結果、家庭も家計も一変した話

     

    「堅実的に稼ぐ!」これが私の理念になります。

     

    というのも、どうしても手堅く副収入を得る必要があったからです!

     

    1年前までの私はというと・・・

     

    • 家庭持ちでありながら、社会人5年目にして2度も転職を繰り返す
    • 収入は安定せず家計は火の車
    • 痺れを切らした妻からは「私たち別れた方がいいかもね・・・」の一言

     

    こんな状況でした。

     

    そこで、会社に頼らず自分自身で稼ぐ力を身に付けようと一念発起!

     

    そうは言っても家庭を持つ身ですので、独立起業はあまりに危険すぎると判断しました(- -;)

     

    ということで、あくまで本業を続けながら、リスクなく堅実的に稼げる副業に取り組むことが必須条件だったんです!

     

    そんなワガママな私が、本業と並行して無理なく地道に続け、今では安定して月収30万円を得ることができるようになった副業というのがブログなんです!

     

    「でも、本業をこなしながら収益を得るのって可能なんですか?」

     

    そう思われる方もいるかもしれません。

     

    コージコージ

    確かに、私の場合仕事でほぼ毎日残業がありますし、土日に出勤することもありますので、副業に充てられる時間は寝る前の1~2時間程度しかなく、正直最初は不安でした。

     

    しかし!

     

    そんな条件下にありながら、私は半年で10万円、1年で30万円と着実に収入をステップアップさせていくことに成功できたんです!

     

    なぜだか分かりますでしょうか?

     

    それは、限られた時間でも効率的に収入を得ることができる「特化型ブログ」を身に付けることができたからであり、その手法をもって本業を続けながらでも無理なく地道にブログを継続してこれたからなんです!

     

    私は、偶然にも「特化型ブログ」に出会えたことで、堅実的に収入を得ることが可能となり、絶望的だった家計も夫婦関係も一変、ゆとりのある穏やかな家庭になったんです^^

     

    つまり・・・

     

    • 仕事が忙しくて副業に充てる時間が無い!
    • 家事や育児に翻弄されて副業の時間なんて取れない!
    • 授業や部活・サークル、バイトがみっちり入っていて副業に取り組む余裕がない

     

    上記に当てはまる、忙しいあなたにはピッタリな副業が「特化型ブログ」だということを提唱しております!

     

    「特化型ブログ」の詳細については、下記記事にて詳しく説明しておりますので、「今の生活にゆとりを持ちたい!でも今の状況を維持しながら、そしてリスクなく稼ぎたい!!」と思っている方は、騙されたと思ってご覧になってみてください^^